クレジットカードのキャッシングで利用した利息はどのくらいですか?

質問

普段からよくクレジットカードを使う方です。便利だし、カードで払う方が、財布からちまちま出すよりカッコいいでしょ。キャッシングもたまにやります。返済するとき利息がかかるみたいだけど、上限は決まってると思うのですが、この点について教えて下さい。

答え

借金をするときに、利息について知らないままでいると損をしています。自分を守るためにも、利率のことも勉強してお金を借りるように(キャッシングも含めて)しましょう。

利息制限法で年利が決められている


キャッシングなどお金を借りたら、返済は利息を上乗せして返済します。このときの金利は「利息制限法」で制限されています。利息の限度を制定しているので、金融機関によって金利は異なりますから、キャッシングをよく利用するのならば、カード会社の比較をしてみてはいかがでしょう。さらに、制限以上の金利は無効ですから、支払義務はありません。
利息制限法では、10万円未満の借り入れでは年20%、10万円以上100万円未満では年18%、100万円以上は年15%と定められています。

消費者金融は貸金業規制法と出資法に基づき利息を決めている


では、一般的な大手の消費者金融では、どのくらいに設定されているのでしょうか。
だいたい年利29%が多いようです。おかしいですよね。利息制限法と比べて高すぎです。なぜこのような高金利でやっているのでしょうか。
これは、「貸金業規制法」により、借り手が自分の意思で払えば、利息制限法以上の金利を設定してもいいことになっています。さらに、「出資法」では年29.2%が上限と決められているため、年29%にしている業者が多いのです。
利息制限法と出資法との間を「グレーゾーン金利」と呼んでいます。ですから、多くの消費者金融は、このグレーゾーン金利で貸し付けているのです。けれど、これは自分に払う意思がなければ無効ですから、利息制限法の上限金利に計算し直して借金の額を減らすことができます。

フィード