給料が下がってマイホームは手放すしかないの?

質問

この不景気で給料は下がり続けています。そのせいで住宅ローンの返済も滞りがちです。もともとの給料で考えて組んだローンだったので、この下がり具合は計算外でした。このまま払えないと、マイホームは手放すしかないですか?

答え

「任意売却」を利用してみては


景気は一向に上向きになりませんね。相談者のように、給与が下がっている会社は多くあるのではないでしょうか。同じように住宅ローンが重くのしかかっているご家庭も多いのでしょう。
このまま住宅ローンが支払えないと、ご心配されているように住宅が差し押さえられたり、競売にかけられたりする可能性がでてきます。
同じ手放すにしても、競売にかけられると、一般の相場よりも安い値段で売却されることになり、多くの残債務が残ってしまいます。
そうなってしまう前に競売よりも有利な「任意売却」を利用してみてはどうでしょうか。
住宅ローンが支払えなくなったマイホームを競売や任意売却する
任意売却とは、すべての債権者の合意の下、入札開始前に債務者側が債務を整理し、より有利な条件で売却を行うことです。
競売の場合は市場価格の6~7割の価格でしか売却できませんが、任意売却なら7~8割の価格で売却できます。
また、占有者がいれば、競売できない可能性もでてきます。任意売却だと借入金の残高を整理縮小でき、債務を再構築することも可能です。債権者にとっても売却価格が増える方がメリットとなります。

任意売却の際、詐害行為に注意


しかし、ここで一つ注意点があります。
不動産の任意売却で「詐害行為」を注意する必要があります。これは、故意に債務者が自分の財産を減少させることで、債権者への弁済を少なくさせる行為のことです。普通の任意売却で詐害行為をすることは滅多にないようですが、そのような行為があることも頭にいれておきましょう。
どうしてもマイホームを手放さなければならなくなったときは、できるだけ早い時期に任意売却を決断してください。

フィード