弁護士に相談するときに気をつけることは?

質問

いろんなところからお金を借りている、いわゆる多重債務者です。今は自転車操業的に借りては返してを繰り返しています。このままはダメだと考え、弁護士に相談しようと思っています。なにか注意する点があれば教えてください。

答え

相談者のように多重債務に困っている人は、早めに弁護士や司法書士など専門家に相談してください。放っておくと、どんどん借金増えて、取り返しのつかない状況にまで陥りますよ。ここでは、専門家に相談するときの注意点について紹介しましょう。

多重債務を弁護士に相談するために


専門家に相談に行くときに、現在の借金の状況を理解してもらうために、以下のものを用意していきましょう。
まずは、毎月どこからいくらの収入があり、どのような支出かをまとめた「家計の状況表」。家計の状態をお見せしておくと、債務整理の方法を判断する材料となります。
そして、「債権者の一覧」も表にしておくといいでしょう。借りている金融業者名と住所、支店名、借入残高、借入開始時期、返済額、毎月の返済期日、最終返済日、保証人や担保、公正証書の有無などをまとめておきます。
借入開始時期は、利息制限法をオーバーした金利分を取り戻すためにもきちんと把握しておく必要があります。借入期間が長ければ、それだけ借金総額が減額できます。

弁護士に相談するときの注意点


また、給与明細や車検証、不動産のある人は、不動産登記謄本など客観的に財産の証明のできる書類を用意しましょう。
もし、消費者金融業者が不動産など担保をもっていると民事再生は行えません。その点も事前に専門家に書類を確認してもらいましょう。
専門家が債務整理をするとき、クレジットカードは業者に返却されますので、それも持参するようにします。「印鑑」も債務整理手続きに必要ですからお忘れなく。

フィード