借金の額が自分でも分らないくらいに…

質問

実は誰にも言えないことですが、借金の額が自分でも分らないくらいになってしまいました。毎月の返済も滞り、もうどこにいくら返すのか分らなくなってしまって……もう自己破産するしか手立てはないような気がしています。

答え

多重債務者の多くは、一度は自己破産のことを考えたことがあるのではないでしょうか。
しかし、この相談者の方は、まずは自分の借金についてきちんと整理する必要があります。どこにいくら借りているとか、返済額などを把握して、その上で弁護士や司法書士に相談しましょう。多重債務の解決法は自己破産だけではありません。あなたに合った解決法を教えてくれるはずです。

多重債務を自己破産で解決するメリット


自己破産は最終的な手段です。
まずは裁判所に破産の申し立てを行い、破産宣告を受けたら、分配できる財産があれば手続き通りに処分して債権者に分配します。それ以外の債務については、裁判所に免責の申し立てを行い債務整理手続きに入ります。
免責を受けると今までの債務が帳消しになります。
その場合、住民票や戸籍にその事実は記載されませんが、官報に名前や住所が載ってしまいます。日常生活に必要な家財道具はそのままで大丈夫ですが、不動産や車は処分することになります。

自己破産のデメリット


自己破産すると、ブラックリストに登録されるので、数年間は新たにカードを契約したり、お金を借りることはできなくなります。
他にも会社の役員になれなかったり、弁護士や司法書士、税理士などの資格を持っている人は、その資格を失効することになるなど自己破産のデメリットはありますが、債務の完済や免責決定で復権した場合には、資格も復活します。
メリット・デメリットともにありますが、借金で首が回らなく最悪な状況になる前に、このような手段をとることが大切です。まずは、専門家に相談して、自己破産またはその他の借金の整理の方法を考えるといいでしょう。

フィード